あれから8年…

2019年3月11日    VierKlee

今日3月11日。

8年前の今日、私たちは開業してまだ半年。

何が起こっているのかわからないほどの強い揺れの中、
慌てて机の下に隠れ、飛び落ちるプリンタを呆然と見ていました。

揺れが収まるのを確認して、そのまま近くの市役所へ避難。
その後、2時間以上かけて徒歩で帰宅。

余震に怯える家族は、
「揺れるたびに食器がぶつかりあう音が怖い」と車の中にいました。

ライフラインが全て止まり、驚くほど真っ暗な外に出ると
満点の星空。



「お星様キレイ」
息子が呟いた言葉は今でも忘れられません。

自然の前ではどれだけ自分たちが無力か。
宇宙においてはどれだけちっぽけな存在か。

それでもみんな助け合い、必死に前を向いてきた、
そんな日々だった気がします。

そして、
そんなちっぽけなわたしたちにできることは何なのか。

この情報化社会に、
Webに携わるわたしたちだからできることを。。。

そんな想いから
現在メディアサイトを準備中です。

だれでも気軽に世界に発信できる。
そんな場を提供できたらと思っています。

関連記事

関連する記事はありません